12

10
ちょっと終わっちゃいます

突然ですが、こちらのブログ、サービスが12月の17日に終わりなんだってさ。

そもそも最近は熱心に更新もしていなかったので、ずい分前からそんなお知らせはあったんだけど、ほったらかしにしていて最近マジマジとその知らせを読んでみると、ブログの表示すらできなくなるとか。。
というわけで、慌てて新しいブログを触りだした最近でして、というかまだブログをやる気があんのかないのか自分自身でもよく分からないのですが、せっかく愛でる犬もいるわけだし、たまにはなんか発信したくなることもあるかもだしというわけで、ひとまずはお引っ越しをします。それが下記のヤツになりますのでお見知りおきを。

とはいえ、この表示もお知らせのとおりだと、1週間の時限お知らせになっちまうんだけどね〜。


http://glorytanaka.blog85.fc2.com/

ばいなら
    コメント:0
11

28
バイナラロンリー

そこになんというか、想いを見たというか。

若くして急逝した友人の犬だった。
昔訪れた伊豆の宿で1人の絵描きが話しかけてきたという。
ちょうど宿の壁面に犬の絵を描く仕事を引き受けて、その日はそこにいたらしい。
珍しい犬種というのも手伝ったのか、よかったら壁面に描く絵のモデルにならないかと。
友人家族は記念にもなるし、自分のとこの愛犬が宿の壁面に残るわけだし、そこに断る理由はなかった。
数年後の先日、残念ながらその仔は急性の病気で亡くなってしまったわけだが、そんな話を彼らと一緒に伊豆に旅行に来た私たちに教えてくれた。
いろんな思い出がこの地にはあるということだった。
だったらちょっとその宿へ行ってみようかと。

絵を見てちょっとビックリしたというか、思いがけずというか、すごく悲しくなった。
その絵は私のなかに残るその仔のイメージに非常に似ていて、すごく身近に感じたからだ。
この犬の視線の先にふたりが立っていたんじゃないかと思ってしまったからだ。

誰が言ったか犬の輪廻転生は早いということらしい。
どういう根拠がそこにあるかはこの際抜きにして、そういう話は同じ犬飼いとして信じたい。
そうでも考えないと、ちょっとこういう喪失感に耐える術というのはなかなか見つけにくい。

レオンくん、勝手に寂しくなったよ。
また会えるかな、会えるよね。


くるくる回るね
    コメント:2
10

10
大いなる勢力

会社の引き出しをあけたら、そこにミンゴの毛があった。

「こんなところにもか」

私の生活のなかで、日に日に存在感を強くしている感がある。
文庫本を開いたらそこからひらり。
財布からお金を出す際にまたまたひらり。
逐一チェックしているわけではないが、多分に私の衣服のあちこちにもついているのだろう。
朝の満員電車などでそのおけけたちが隣りの誰かの衣服に飛び移って、大手町あたりまでふつーに行っちゃってることも大いにありだ。

そういう意味ではこのあら川の下町の犬の毛がどこまで点在しているのかをGPSとかからなる分布図なんかで見てみたいもんだ。
もしかすると、うっかり犯罪などを犯しようもんなら、現場に落ちているその毛から特定されてここまで辿り着かれることもあるかもしれない。逆に大手町で起きた事件に巻き込まれることなんてのもあったりするのかもしれない。

と、そんな考えがよぎったら、いったいなんで引き出しをあけたのかを忘れてしまった。

砂かぶり

    コメント:0
09

17
ザグレートスリー

カイロプラクティックなるものに行ってみた。
もちろん用向きは腰痛である。
先日、知り合いのおばさんから「この世で私より先に死んではいけない3人」というタイム誌の見出しにでも載っけちゃうのかというような言い回しで紹介された1人がこのカイロプラクターだったからだ。

結果としては、どうやら私よりは先に死んでもらっても構わないようだったが。

とはいえ、私は私でそんな見出しにふさわしい人物を探しているのも言うまでもない。
家に帰ればドカーンと飛びついてくる珍犬たちを受け止めるにはしっかり腰を入れて構えたいところなのである。まーそもそも論でいけば、その飛びつきをやめさせることが必要なのは百も承知なのだが、腰を治すことを優先しちゃうこの愛犬家の心温まるスタンスといいましょうか、自分のしつけの甘さをどこかへうっちゃって、腰が痛くてもしっかり受け止める愛すべき私の話ということなのであるが、いかがでしょ。

in a car

    コメント:0
08

22
ハローグッバイ

え? もう宇宙に帰っちゃうの?

かお
    コメント:2
08

17
夏の特別

あちーなホント毎日。
日中に犬をあまり見ないな、やっぱり。
あれ? お盆だからか?

それにしてもセミは暑かろうが、問答無用でミンミンやってるな。
あれは暑いからといってミンミンに影響は出ないのかね。
今年はちょっと張れないなみたいなさ。

これはシエスタとか本当に考えた方がいいんじゃないか。
能率を上げる意味でもさ。

釣れる?

    コメント:0
08

01
ノーミュージック、ザッツドッグ

ヘッドフォンを忘れた。
別に音楽に頼って日々生きているわけではないが、今や通勤時には必然というようなアイテムになっていることに気が付いた。

朝っぱらからなんとなく落ち着きが悪い。
日常は音に溢れている。
音楽が聞けないというよりは、この周囲にあふれている音を遮断したいということなのだろう。
音楽に囲まれているその空間こそが自分にとっての静寂ということか。

そんな静寂を失った今日という日なんだが、逆にガヤガヤと聞こえる音を熱心に拾おうとする心理になるから不思議なもんだ。
「そうそう、そのトイトイ橋(仮名)渡ってすぐのコンビニを右に曲がったところのさ…」
思わず相手を見遣る。
トイトイ橋といえば、私の家に近いからだ。
しかもそのコンビニ右に曲がったほうは何を隠そう、いや隠すとかいう話でもないが、私の家にさらに近いからだ。
もしかして知った顔がそこにあるかと思いきや、誰だおまえフェイスの女子高生ヅラであった。
「あーわかるわかる。その先の犬のいるとこ?」
「いやもうちょい、その裏、その裏なんだ」
犬のいるとこ?
そこはもう何も隠しませんけどの、ザッツマイハウスだ。

もうさっきまでのチラ見状態もすっかり忘れ、今や完全に正対状態で私の記憶の引き出し全開で分析につぐ分析作業開始である。
今やどうでもいい会話だったはずが、まさかの登場人物にジャンプアップもすぐそこの親近感話に大きく展開である。
とーはいえ激しい分析作業も残念ながらの該当データなし状態ときた。

どうしよう、赤の他人から例えばうちの珍犬たちのクレームチックな話を思いがけず聞いてしまったら。「すいません、それうちの犬かもなんですが」とか言って水をさしてやったほうがいいのか、はたまたそこをグッとこらえて愛してやまない珍犬ではあるが、激しく浴びせられる罵詈雑言をしかと受け止め、日頃のバカっぷりの所業の数々をまーしゃーないで片づけていたダメ飼い主の生き様を今さらながらに後悔するしかないのか。

あーやっぱりダメだ。
グッとこらえるなんて、たとえ下町の美しきモラル人と言われて久しい私だが、さすがに愛犬を激しく罵られてしまっては、逆ギレすることはないとしても涙がポタポタと落ちてしまうこと必至だ。「ちょっといいですか、私も犬を飼ってる者なんですがね、そりゃ言い過ぎじゃないですか。そこまで言うことはないんじゃないですか」くらいは言ってもいいだろうか。

「なるほどねー。そういうことか、それもありだねー」
あれ? いかん、あれこれ考えていたうちに話は決着してしまったのか?
うーどう決着してしまったんだ?
逆に気になるではないか。逆がどこなのかはちょっと分からんが、このモヤモヤの行き先がなくなってしまうではないかい。

あれ?
なんだかんだで音が遮断できちゃってるし。

ルンテム
    コメント:0
06

04
ヒマラヤチーズ

突然ですが、カテゴリーにお買い物を追加しました。
基本、ワンコ用の予定ですが、買って良かった失敗したなどなど、使用感とかもアップしていきますので、チェックしてみてね

第1回目のお品はこちらです







ドアぽん、封を開けろと強い目力で訴えています。









ドアぽん、お味はいかがでしょう?


ドアには固くて、ガリガリ食べれません。なので、ゆっくり、じっくり、舐め噛みしながら、長〜い時間楽しめて、においもほとんどないのでピッタリな商品です。






ミンゴにもお味を聞いてみました。


ミンゴの歯と顎の力だと、結構なスピードで減っていきます。ガリガリ、バキボキみたいな…。
美味しくて、力いっぱいがむしゃらに噛むので、歯がチーズの固さに負けないか、ちょっと心配ですが、今のところ歯が勝ってます




今回のヒマラヤチーズはネットで1本1250円ぐらいで5本セットで送料無料なので、ピ〜スとシェアして買ってみました。ピ〜スはどうだったかな?
我が家的には、ドアにはヒット商品だけど、ミンゴには持ちが悪いかも?ってことで
ドア 
ミンゴって、ところかな?



そうそう、短くなったら、電子レンジでチンしてスナックみたいに食べれるので、最後まで無駄なく利用できます。この点はナイラボーンよりいいですね。
    コメント:0
05

16
そっちはアゲンスト?

「話は変わるんだけどさ」と言われると期待してしまう。
なんか面白い話に展開していくんじゃないかという期待感だ。
おーどんどん変えてくれと思わずにはいられない。

「結論から申し上げますが」と言われることも嫌いじゃない。
話は早いほうがいい。ズバッとした見解が聞けるほうが世の中手っ取り早いに越したことはない。

ところが変わった話は大概が面白みに欠ける。
結論が聞けるはずの話もどこかふわふわしていることばかりである。

なんというか物事は予定調和的なことばかりで「おっこれは?」という展開はそうそうないことがほとんどである。
とはいえ、毎日は過ぎるのである。
ひとつひとつを楽しむというよりは何コかあるうちのひとつが面白ければOKという考え方のほうが得した気がしないでもない。


出せ〜

    コメント:0
04

19
ヨケイキウイ

私の通勤路にキウイがたわわに実っているお宅がある。
それを見上げては収穫はどうすんだと余計なお世話的なことを考えている今日この頃である。

たわわと書いたが、もうホント気持ち悪いほどのブラブラっぷりである。
ただ、これが結構高いとこにブラブラなのである。
そして最近。あれ、もしかして家主はこの実りの事実に気づいていないんじゃないかと思うわけである。
こうなるとなんだか居心地が悪いというか座りが悪いというか。

そういうことってないだろうか。
要は相手がどうしたいかはこの際抜きにして、余計なお世話的な行動をしたくなる衝動ってやつである。

例えばこちらはレジ前で並んでるいるわけである。
店員はその人ひとりしかその場にいないようで、てんやわんやである。
そこへプルルルルと電話がなるわけである。これが呪いのように鳴り止まないわけである。店員はレジを打ちまくって、並んでる客をさばきたい、でも電話に出て注文も受けたい。そんなジレンマを勝手に感じちゃうわけである。こうなるとまたフツフツとある考えが鎌首をもたげるわけである。その受話器を代わりに取って「大変お待たせいたしました。いつも心はあなたのそばにの麺処トシキです」くらいはいつも聞いているので言ってやりたくなるのである。

もっと些細なことでもいい。

例えばエレベーターにこっちは乗っているのである。
途中の階で乗ってきた男が私の前に背を向けて立つのである。何気なくその男の後ろ姿を見ていたら、1本だけベルトがベルトループを通っていないではないか。要はベルトが上にいっちゃってるのである。そこでやっぱり教えたくなるのである。「すいません、ベルト。1本だけベルトが通ってないですよ。後ろの真ん中」

余計なんだろうな、きっと。
余計なんだけど、気になるんだよな。余計なんだけど。
と、今朝もキウイを見上げているという単に私のモヤモヤ話であるが。


雪の季節は楽しいね


    コメント:0
次のページ

プロフィール

るんるん

  • 管理人:るんるん
  • 「るんるん」の片方、「るん夫」のつるりつるりの散文構成。もう片方の「るん子」のちょっとしたレポート。我が家の珍犬「ドア」「フラミンゴ」の日常をなんとなく拾って載せていきます。
  • rss
  • 管理者ページ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Category

Links




-天気予報コム-

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse